安心・安全構造の家

家は消耗品ではなく資産であるとの思いから、桧家住宅では、基礎から土台・柱・梁、外壁や屋根まで家全体が永く良好な状態で保たれるための工夫と、維持・メンテナンスのしやすさも考慮した家づくりを行っています。

桧家住宅のハイブリット工法

優れた家の強度。
在来工法と2×4工法のいいとこ取り。

桧家住宅の注文住宅は、地震や台風に強い強度と高い耐震性・耐久性を発揮するハイブリッド工法を採用。永く良好な状態を保つ工夫が、ここにもあります。


地震の揺れに強い構造用耐力面材で
耐震性を高めます。

桧家住宅の注文住宅は、「在来工法」と「2×4工法」の優れた部分を融合した「ハイブリット工法」で建てられます。

柱、梁、土台、筋交いなどで作られ、設計自由度が高く耐久性に優れた伝統的な日本古来の工法「在来工法」と、面で外からの力を受け止め、耐震性・耐風性に優れた、2インチ×4インチの枠材と合板を用いて作られる壁式工法「2×4工法」、この2つの工法の優れた部分をいいとこ取り。

桧家住宅の「ハイブリット工法」は、力の流れを分散し、一部に集中して外力を加えることなく安定した強度が保てることで、地震の揺れに強い耐震性を生みだします。


オリジナル耐力面材

オリジナル耐力面材で優れた強度、
高い耐久性、快適な住まいを実現。

耐力面材として重要な構造耐力は、一般的に使用されている9mmの構造用合板の壁倍率が2.5倍に対し、7mmのオリジナル耐力面材の壁倍率は2.7倍を取得しています。

オリジナル耐力面材は、木材は線維化し熱圧成型して生産される木質材料のMDF製で、均一で安定した性能を確保。気密性を高めながら、壁内に発生した湿気を屋外に排出し、構造躯体の耐久性に大きく貢献します。

また、木材や他の木質材料に比べて腐朽菌に侵されにくく、シロアリによる食害も少なく抵抗力を発揮します。

人と環境にやさしい建材でもあるオリジナル耐力面材は空気環境性能でホルムアルデヒド発散量F☆☆☆☆を取得。桧家住宅では人体に影響を与えない建材を使用しています。


注文住宅の耐久性を高める、
優れた通気性。

オリジナル耐力面材は、通気性もよく、泡の断熱材 アクアフォームとの相性抜群!壁体内結露を防ぎます。室内外の温度差から発生する壁体内結露を防止するには、壁内に発生する湿気を外部に逃がすことが重要になります。

一般的に使用される構造用合板とオリジナル耐力面材を比較した場合、透湿性(通気性)は約10倍。壁体内で発生した熱気や湿気を効率的に外部通気層へ排出します。

あまり注目を浴びることはありませんが住宅の耐久性を高める上で欠かすことの出来ないアイテムとなっています。


剛床工法

家の水平剛性を向上させ、
大空間にも耐える強度の剛床工法。

桧家住宅の注文住宅は、24mmの構造用合板を直接梁に留め、柱・梁と床面を一体化させる「剛床工法」を採用しています。

「剛床工法」は、家の水平剛性を高め、地震や台風時に受ける床面の「横揺れ」や「ねじれ」を抑える効果があります。

注文住宅の上棟時に2階(3階)の床面となる構造用合板を先行して敷き詰め、足場をつくってから上階の柱を建てていくため、作業時の安全性と作業性も高められます。

剛床工法を支える梁は1階壁の上、2階壁下(3階壁上下)の配置はもちろんのこと、部屋の大きさに関係なく、910間隔に梁を配置しています。

さらに、梁の振れ止め防止に、1820×910(畳一帖)の格子状に組み上げます。このように造り上げた骨組みの上に構造用合板を直接留めることで家の水平剛性を高めています。


地震などの横揺れ、ねじれから家を守る、
剛床工法

水平面の強度が不足すると地震などによる大きな力が加わると、建物もねじれて、つぶれる事になります。耐震の注文住宅を建てるには、水平剛性(横からの力、ひねりに対しての対抗力)の確保が重要になります。

家全体を覆う屋根も水平剛性を高めます。屋根瓦の下地板に12mmの構造用合板を採用。屋根全面に構造用合板を敷き詰め、風などによって起こる屋根面のねじれを抑える効果があり、剛床工法を組み合わせることで水平剛性が格段と上がります。


構造用集成材

強度のバラつきが少なく、
寸法安定性に優れた構造用集成材。

集成材は、ひき板や小角材等を材料として、大筋、割れ、腐れ、反り、狂いや含水率のばらつきを取り除き、その繊維方向を平行にそろえて、厚さ、幅及び長さの方向に集成接着をした木材です。

その構造基準は日本農林規格(JAS)で決められているので、高強度で耐火性・耐久性・断熱性に優れた均一な性能が安定して得やすいことが特徴。

木材の長所をそのまま生かし、美しく、しかも丈夫な優れた製品として生まれたものが集成材です。

また、日本の家づくりに欠かせない断熱・調湿にも威力を発揮。木材は熱伝導率が低く(鉄の200分の1、コンクリートの4分の1)断熱性に優れているので、夏の暑さはもちろん、冬の寒さにも最適です。

湿度の高い梅雨は水分を吸収してくれるなど日本の気候風土に最も適してる材料といえます。桧家住宅の注文住宅は、断熱と調湿に優れ品質にばらつきの少ないJAS規格構造用集成材を採用しています。

さらに、木材、鉄、コンクリートの強度を比較すると引っ張られる力に関しては、木材は鉄の4倍以上、コンクリートの200倍の強さがあります。圧縮される力に対し、木材は鉄の2倍以上、コンクリートの9倍以上あります。そのため、桧家住宅では、建物重量は軽く、強い住まいとして木造住宅にこだわります。

そのため、桧家住宅で建てる注文住宅は、建物重量は軽く、強い住まいとしての木造住宅にこだわります。


PAGETOP