新築の家とお金。予算も人生設計も大切

main03

新築の予算は、
どうやって決めるもの?

家を建てる時、いちばん大事なことは、予算を決めること。「住宅ローンの返済はムリのない範囲で」とよくいわれます。でも、その予算って、いったい、どうやって決めるのでしょうか?

yosan

専門家と一緒に、将来の生活まで、
トータルで考えましょう!

新築の予算は、住宅ローンの借入額と頭金の合計が予算です。しかし、家を建てた後には、税金などの諸費用も必要になります。だから、建物だけの価格を考えて、購入すると、あとから、予想外のお金がかかってしまうことになります。それに、月々の支払って、住宅ローンだけではありませんよね。子どもの教育費もかかりますし、将来のために貯金も必要です。

住宅ローンの支払いだけを考えて契約すると、自由に使えるお金がどんどん減ってしまいます。いまだけではなく、将来の生活まで、トータルで考えて予算を設定することが、失敗しないポイントです。

住宅会社に行くと、あなたの年収から、住宅ローンをいくらまで借りられて、どれくらいの値段の家なら買えそうか、計算をしてくれます。ただし、ここでひとつ注意点が。担当者によっては、あなたの今後の暮らし方や収入、支出などのライフプランに合わせて、計算してくれる人もいますが、そうではないケースもあります。

ムリなくローンの返済をするカギになるのは、専門家に依頼して、ライフプランをしっかりと立てることです。家計のムリ・ムダをなくして返済計画を立てると、あとから返済に苦労することが少なくなります。ライフプランは、住宅会社を通して、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に依頼することができます。自分の予算を具体的に知るために、こういう場を活用するのもひとつです。

注意!坪単価の算出の仕方に
決まりはありません。

では、家の予算を決めようとする時、どうやって決めることが、いちばん良いのでしょうか?家づくりを考えている方から、よく「坪単価はいくらですか?」という質問をしていることを耳にします。住宅会社の営業マンも「うちの坪単価は、〇〇万円ですよ」って返答しています。でも、実は、坪単価の表示の仕方には決まりはなくて、かなり、あいまいです。

たとえば、「うちは坪単価50万円です」と営業マンが話したとします。その50万円の中には、シューズボックスやキッチン、浴室などが含まれておらず、別料金ということもありえます。結果、思っていた家の値段より、かなり高い・・・ということも起こってしますのです。

気になる住宅会社の家の相場を知りたい場合は、坪単価ではなく、モデルハウスなどの建物自体の価格を質問してみることをおススメします。もし、坪単価を質問するときは、坪単価のなかに、何が含まれているかを確認するようにしましょう。


PAGETOP