注文住宅の家づくり

福岡の注文住宅ハウスメーカーの快適な家づくりに役立つ情報ブログ

  • solar-system-2939560_640
    本当に必要?太陽光を今導入するメリットとは?

    こんにちは。桧家住宅の山下です。家を建てる時って本当に色々なものにお金がかかりますよね?土地代や諸経費、建物…そんな中でオプション商品って付けようか迷いますよね。例えば【太陽光発電】あなたなら太陽光発電を取り入れたいですか?「そんな事言われても良く分か[...]

    続きを読む
  • child-3610637_640
    子供部屋問題。広さは4.5帖?6帖?どう活用する?

    こんにちは。桧家住宅の山下です。子供部屋の最適な広さってどのくらいだと思いますか?これって結構多くの方が悩むんです。『子供部屋っていずれデットスペースになるから狭くしてもいい?』『子供の成長やプライバシー保護の為に広い方がいいの?』こんなジレンマがあると良く聞きま[...]

    続きを読む
  • money-167735_640
    頭金がなくても家は建てられる?住宅ローンのススメ

    こんにちは。桧家住宅の山下です。家を建てる時に頭金って必要だと思いますか?実は頭金がなくても家を建てられるんです。よく、こういう悩みを持っている方がいらっしゃいます。「頭金がないと住宅ローンを組めないの?」 「家を建てたいけど、頭金を貯められてなくて資金に不安があ[...]

    続きを読む
  • architecture-1477099_640
    諦めないで!平屋のデメリットを桧家住宅で解決

    こんにちは。桧家住宅の山下です。家を建てるなら平屋と2階建てどちらが良いですか?私は見学会の物件を見て平屋だと「平屋って動線がシンプルでいいな~」と思ったり2階建てだと「階段って魅力的。2階はプライベート感があってわくわくする」と思ったり気持ちがすぐグラグラします[...]

    続きを読む
  • building-2762235_640
    理想の家を建てられなくなる!?土地を購入する前に確認すべき諸経費

    こんにちは。桧家住宅の山下です。土地探しをする時、土地の金額を確認しますよね?この時、土地の本体金額のみ確認していませんか?実は土地を購入する際には土地本体の金額以外にも費用がかかります。売地には金額が表示されていますがこの金額だけで土地は買えないんです。諸費[...]

    続きを読む
  • 40645107bda6811924ff5e4181254030_s
    効率的な土地探しへの近道!?用途地域とは?

    こんにちは。桧家住宅の山下です。家づくりの際に重要な“どこに住むのか”。土地を探す際に、まずどんな雰囲気の地域に住みたいか決めると思います。“閑静な住宅街”“駅やスーパーが近い”等、それぞれ異なるはずです。土地探しを住宅メーカー等に依頼すると様々な土地を紹介されます。[...]

    続きを読む
  • abd53f17b0cc764969696bba4be84056_s
    家づくりのキーになる「敷地調査」。調査内容とその重要性とは?

    こんにちは。桧家住宅の山下です。素敵なマイホームもまずは土地がないと建てる事が出来ませんよね?そんな大事な土地。しかし、一言に土地と言っても色んな土地があります。形や立地、日当たり、道路との位置関係。当たり前ですがそれぞれ違います。場合によっては、家が建てられ[...]

    続きを読む

健康&省エネをあっという間に叶える!桧家住宅の断熱材について

この記事は約2分33秒で読めます


こんにちは。桧家住宅の山下です。

建築家など専門家131人を対象に行った「住まい」に関するインターネット調査が04月24日に発表されました。

“意外と見過ごされがちだけれどもつけた/作ったほうが良い設備や部屋、性能”の第1位断熱が入っています。
SUVACO2
(出展元:新建ハウジング 生活者調査https://www.s-housing.jp/archives/164432)

今、各住宅メーカーがPRする家の性能として“高気密高断熱”を挙げる事を目にする事も多いと思います。快適な家づくりにおいて“高気密”や“高断熱”は重要なポイントとなります。

桧家住宅はそんな “高気密高断熱”性能にとことんこだわり、自信をもって快適な家のご提案しています。
今回は桧家住宅の断熱機能についてご紹介します。

“高気密高断熱”が重要であるポイントとは?

puzzle-pieces-2648213_640
まず、“高気密高断熱”性能は住宅に3つのメリットをもたらします。

1.健康面
家の中の温度がほぼ一定に保たれ、各部屋の温度差が小さくなります。よって体に急激な温度変化が生じ心筋梗塞や脳卒中を引き起こす、「ヒートショック」の予防となります。

2.経済面
冷暖房設備の稼働率が低くなり、光熱費も抑える事が可能となるので省エネに繋がります。

3.耐久面
壁の中の温度差により発生する「壁内結露」を防ぎ、壁・天井・床の隙間が出来る事によるカビや木材の腐食をなくし、住宅の強度を保ちます。

年間光熱費最大9万円カット!?桧家住宅の断熱材の紹介

3
家族4人の年間想定使用量を、桧家住宅の2つのモデルプラン仕様と一般的な住宅を想定して、現実的に年間光熱費を算出しました。

一般住宅で219,123円に対し、桧家住宅で『Wバリア工法』と呼んでいる断熱材を用いると電気・ガス併用時は181,447円、オール電化時は127,302円と一般的な住宅とオール電化では91,821円も差が出ます。

e_eco02
桧家住宅は発泡断熱アルミ遮熱材を用いており、この2つを合わせて『Wバリア工法』と呼んでいます。
「アルミ遮熱材」は赤外線をカットしてくれ、現場発泡断熱材は「アクアフォーム」を用いており施工時に発砲します。

では、今日は夏が似合う爽やかな営業の永野よりご説明いたします。
IMG_0098 (2)
e_eco06 (2)
こちらの天井面にあるのがこのアルミ遮熱材です。

透湿・防水・遮熱の性質を持つ、シートを採用しているので外部の熱を75%もカット出来ます。保温性もあるので家の中の熱も外へ逃しません。
IMG_0094 (2)
こちらを見てください。
従来の断熱材です。大きなスポンジを切って壁や屋根、床にこのように柱の合間にはめ込んでいました。隙間なくはめ込むのは結構難しく、大工さんの腕によって左右されていました。

IMG_0096 (2)
こちらが桧家住宅が採用してる現場発泡断熱材です。
なんとこれ、“泡”なんです!
水の力で発泡する断熱材です。同じ厚さの際、従来の断熱材の1.5~2倍の断熱性があるんです。

もっと分かりやすく知ってもらうために実験をしてみましょう。
IMG_0122
この2つの液体を使用します。発泡断熱材の原料です。

IMG_0100 (2)
まず1つめの原料を入れます。

IMG_0104 (2)
IMG_0106 (2)
そして2つ目の原料です。これを1つ目の原料に注ぎ…

IMG_0110 (2)
混ぜます。

IMG_0113 (2)
どんどん白くなっていくと…

IMG_0114 (2)
“泡”になります。

IMG_0117 (2)
これが発泡断熱材です。

IMG_0120 (2)
実際の施工現場では、この様に現場で原料を合わせながら柱に霧吹けます。
そうする事で柱に着いてから泡となり膨らみます。
従来よりも隙間がなく断熱材で埋めることが出来るのがイメージ出来たでしょうか?

実際の現場の様子はこちらからご覧いただけます。↓↓
https://youtu.be/ldvKn-WXBWk

桧家住宅ではこの様な発泡断熱アルミ遮熱材を組み合わせてオーナー様へ快適な生活をご提供しています。

少しでも興味を持たれた方はこちらから来場予約を。
https://www.searshome.jp/showroom/yatsushiro/

実際生で実験を見ると驚きますよ。

福岡・熊本の注文住宅 桧家住宅 山下

関連記事

  1. 055
  2. 外壁
  3. 11e937ca9925445830e2068b95d699cf_s
  4. 89c4b6937ec039907b19e79a2ef30d96_s
  5. 04275c6f547909b9270d685461f03741_s
  6. 洗濯物

このサイトについて

当ブログは、福岡で注文住宅や新築一戸建ての建築をご検討されている方々に、家づくりに関するお役立ち情報を発信するブログです。

土地探し、間取りプラン、資金計画、住宅ローンなど一般的なものから、保険や登記関係、工事の工程などの細かいものまで、桧家住宅のホームページだけではお伝えしきれない「家づくりのあれこれ情報」を日々お届けしていきます。

これから福岡ではじめて注文住宅を建てられる皆様の参考になれば幸いです。

桧家住宅FCシアーズホーム

注文住宅のスタイル

アーカイブ

カレンダー

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031