注文住宅の家づくり

福岡の注文住宅ハウスメーカーの快適な家づくりに役立つ情報ブログ

  • 匂いを吸収?水がすぐ乾く?魔法の壁「エコカラット」

    こんにちは。桧家住宅の永江です。先日、インスタグラムのライブ撮影のために東油山の建売モデルハウスに行ったのですが、そこで魔法の壁を発見しました。その名も「エコカラット」と言います。インスタライブは始める前に簡単な流れの確認などを行います。その際に私はこの「エコカラット」と出会いまし[...]

    続きを読む
  • 夏の暑さ対策!桧家住宅のWバリア工法!

    皆さん、こんにちは!桧家住宅の永江です。前回は、桧家住宅の「Z空調」と断熱材「アクアフォーム」についてご紹介いたしました。今回は桧家住宅の「Wバリア工法」についてご紹介していきたいと思います!Wバリア工法とは?Wバリア!と聞くと、二つ[...]

    続きを読む
  • 角地が人気の理由ってなに?角地を購入する3つのメリットとデメリットとは?

    こんにちは。桧家住宅の長野です。家づくりをスタートするとき、まずは土地探しからという方がたくさんいらっしゃいます。土地探しをしていて、「人気の角地です!」というような紹介文を見たことはありませんか?「角地」とは、2つの道路が交わった角に面した土地をいいます。分譲地(不動産会[...]

    続きを読む
  • 車を入れるだけじゃない?ガレージハウスの魅力

    こんにちは。桧家住宅の永江です。先日、インスタグラムの写真を撮影するために桧家住宅 hit大野城住宅展示場に行ってきました。ここは桧家住宅展示場の中で、唯一ビルドインガレージがあります。それを見ながらもし自分がビルドインガレージを作ったら、何に使おうかな~と考えていました。すると、インスタ[...]

    続きを読む
  • 夏の暑さ対策!桧家の断熱材を採用するメリット

    こんにちは! 桧家住宅の永江です。梅雨に入りジメジメした季節になってきましたね。夏の夜の寝苦しさがとてもつらいです。この辛さ何とかしたいですよね。そこで桧家住宅の断熱材アクアフォームをご紹介いたします!そもそも断熱材ってご存じですか?断熱材は熱を断つと書きま[...]

    続きを読む
  • 【要注意】よく聞く「坪単価」その曖昧さとは?

    こんにちは!桧家住宅の永江です。注文住宅を考えている方なら1度は「坪単価」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。「坪単価~円だから安い」などという言葉も聞くことがあります。それではそもそも坪単価とは何なのでしょうか?ほんとに坪単価が安ければそれでいいのでしょうか?[...]

    続きを読む
  • 【土地探し】北向きの土地を選ぶメリットとは?

    こんにちは。桧家住宅の長野です。土地探しをしていくなかで、最優先事項は何でしょうか。「価格」「エリア」「利便性」などなど…。人によってそれぞれあるかと思います。そのなかで「方角」を優先する人も少なくありません。「南向きの土地」は最も人気の土地です。その一方で、「北向きの土地」は、あ[...]

    続きを読む

こんな土地はどう?旗竿地って何?~特徴的な形状の土地で家を建てるメリット~

この記事は約2分40秒で読めます

beach-1367282_640
こんにちは。桧家住宅の山下です。

土地を探して家づくりを行う方には“土地探し”はとても重要ですよね。
一生住む可能性が高い土地ですから
しっかり満足した上で家づくりを進めていきたいですよね。
お子様がいらっしゃるご家族であれば
「ここの学校校区が良い!」とか
「おばあちゃん、おじいちゃんの家から近くが良い」等と
エリアが絞られてくるのではないでしょうか。

またエリアの他にも希望条件をあげていくと、いくつも出てくると思います。
しかし、そのような希望を全て叶えるような100点満点の土地はめったにない
と言われています。そんな中、
【希望するエリアに手頃な金額で充分な広さの土地がある!】
という事があれば、すぐに購入したい!と思いますよね。

その際、土地が思っていた形状と違ったらどうですか?
例えば、イメージしているのが正方形や長方形の四角の土地の場合、
条件が良い土地でも形が三角等イメージと形状が異なっていたらこう思いませんか?
「想像していた四角の家が建てられないのではないか」
「間取りなど制約が出てくるのではないか」
そう思い、住宅を建てるのを少しためらってしまいませんか?

しかし、その様な形状が通常と異なる土地でも住宅を建てるメリットがあります。
今日は形状に特徴がある土地としてあげられる【旗竿地】をご紹介したいと思います。

旗竿地とは?

cat-1979438_640
旗竿地とはその名の通り、旗に竿が付いている様な形の土地の事です。
道路に接する部分が細い通路になっており、その通路の奥に建物を建てる広い敷地があります。
図1 図1
図1の【土地B】が旗竿地です。このような形状の土地が存在するのには理由があります。建物を建てる土地は建築基準法で接道義務が定められているからです。建物を建てる土地として定められている条件は“土地が4メートル以上の道路に2メートル以上接している”事です。

仮に下図(図2)の【土地B’】様な土地があったとします。
建物を建てるには十分な広さがあったとしても、敷地が道路に2メートル以上接していないので建物を建てる事が出来ません。
図3 図2
このような土地は使い方が限られてしまうので、建物を建てる為に最低限必要な条件をクリアさせようとすると図1のような旗竿地が発生するという事になります。

旗竿地で住宅を建てるメリットとは?

flag-3371279_640
この様に特徴がある旗竿地。次に旗竿地で住宅を建てるメリットを4つご紹介したいと思います。

メリット①土地が比較的安い

旗竿地は、面積の割に比較的安い事が多いです。
土地の形状が特殊なので、建物を建てる位置や形、竿部分の土地の利用方法が限られてしまうからです。

メリット②静かに生活できる

当たり前ですが、旗竿地に建てた住宅は旗竿地以外の土地に建てた住宅よりも道路からの距離が離れています。よって、道路を走る車の音や道路沿いの道を歩く人の声などが届きにくい傾向があります。その為、比較的静かに生活する事が可能です。

メリット③内装に費用を掛ける事が出来る

旗竿地に建てた住宅は道路から離れたところにあるので、道路から見て建物が見えにくいという特徴があります。
ですので、外観よりも内観に比重を置く方が多いです。
外壁のコストを内装に回す事でこだわった作りやインテリアを使用する事が出来ます。

メリット④安全性が高い

住宅の目の前に道路がないため、家を出た途端自動車が突然飛び出してくるという道路トラブルがまず起こりません。少し目を離した隙に子供が道路に飛び出すという心配も少なくなります。

【旗竿地】について知って頂けましたか?
子育て世代や内装にこだわりたいご家族は【旗竿地】も候補にいれるのはいかがでしょうか。

しかし、メリットはあるものの、【旗竿地】には購入前に知っておいて欲しい項目があります。次回のブログでその“旗竿地に家を建てる時に知っておきたい注意点”をご紹介したいと思います。

詳しい土地探しのご相談は桧家住宅の展示場にて受付しております。
ご予約はこちらから
https://www.searshome.jp/showroom/

桧家住宅の資金計画のご相談会・ライフプランワークショップ開催中です。
ご予約はこちらから
https://www.searshome.jp/lifeplan/

福岡・佐賀・熊本の注文住宅 桧家住宅 山下

関連記事

このサイトについて

当ブログは、福岡で注文住宅や新築一戸建ての建築をご検討されている方々に、家づくりに関するお役立ち情報を発信するブログです。

土地探し、間取りプラン、資金計画、住宅ローンなど一般的なものから、保険や登記関係、工事の工程などの細かいものまで、桧家住宅のホームページだけではお伝えしきれない「家づくりのあれこれ情報」を日々お届けしていきます。

これから福岡ではじめて注文住宅を建てられる皆様の参考になれば幸いです。

桧家住宅FCシアーズホーム

注文住宅のスタイル

アーカイブ

カレンダー

2019年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031